部下育成に必要なこと

企業の発展と継続的な安定成長は、働く人材の質と共にその「層の厚さ」に左右されます。次世代の組織を担う、リーダーシップを発揮できる人材を養うため、新人研修や部下育成に時間と予算をかけている企業が多いのですが、一生懸命指導したにも関わらず、簡単に辞められてしまうようではこれまでの努力が水の泡です。そこで、こちらでは「部下育成に必要なこと」についてご紹介いたします。企業の発展に欠かせない戦力となる人材を育て、その層も厚いものにし、コミュニケーションの豊かな活気ある職場を目指しましょう。

● 部下のキャリアアップをサポートするスキル

社員に対し「あれをしろ、これをしろ」と命令していませんか?一方的に業務を押し付けているようでは、「やらされている」というマイナス感情に支配され、社員の生産性が下がることにもなりかねません。優秀な人材を育成するには、まず上司は部下のキャリアアップをサポートするスキルを身につけてください。将来への明確な夢や目標を掲げ、それを実現させることで、仕事に対するやりがいや達成感が得られて大きな成長を掴むことができます。ただし、目標を高く設定し、上司が一方的に目標を定めるようでは、部下のやる気を損ねる可能性も高いです。部下と共に目標を持つ意味を考えながら、チャレンジしやすい目標から定めましょう。成功体験を積み重ねることでやる気に満ち溢れ、部下のキャリアアップ意識も高まります。

● 部下から尊敬される人間性を持つ

部下から尊敬される人間性を持つ会社に貢献できる優秀な部下を育てるには、育成する側がまず尊敬される上司を目指してください。例えば、第一印象が重視される営業職の場合、清潔感のある印象を持たせることが大切です。相手に不快感を与えないよう、清潔感ある身だしなみに整える必要がありますが、指導する上司自身がシワのあるスーツを着用しては説得力に欠けてしまい、部下のお手本にはなれません。「親の背中を見て子は育つ」という言葉にもある通り、部下は上司の背中を見て育ちます。部下と接する際は自分の弟や息子のように親身に関わり、厳しさの中にも思いやりがあり、部下から尊敬される人間性を養うことが必要です。当社では部下育成に役立つセミナー専門講座を随時開催しております。部下のお手本となり、尊敬される上司であり続けるためにも、ぜひセミナーへ足を運んでいただくことをおすすめします。

● 「依存型」ではなく「自立型」の社員を育成する

自分の夢と仕事の目的を重ね合わせ、自発的に仕事に取り組み、周囲に良い影響を与えリーダーシップを発揮できる「人財」を求める企業は多いです。しかし、その思いとは裏腹に、社員のほとんどが将来に対する夢がなく「今を楽しめればいい」「今を何とか生きていればいい」という考えで、責任ある立場になることを避ける傾向が多く見られます。右も左も分からない20代の新人社員であれば「まだ若いから大丈夫」で済まされるかもしれませんが、30代に突入しても働く意志が弱く、向上心が低下しているようでは大問題です。中には「言われた通りのことしかしない…」と悩みを訴える上司も多く、指示を待つだけの依存型人間になりうる社員も少なくありません。自ら考え、率先して行動する「自立型社員」を育成するためにも、上司は部下の自立を促す社員教育に着眼する必要があります。失敗すると助けてやりたい気持ちも分かりますが、まずは部下を信頼して仕事を任せてみましょう。責任を持たせ、ひとり立ちを促すことも上司が果たすべき役割のひとつです。

★次回からこのコラムの更新情報を受け取る(不定期です) ★最新のセミナー情報はこちら ★コラム読者へ期間限定【無料プレゼント】 「社内で人が育つ仕組みを作り、組織全体で成長する環境へ変える9ステップ」   人材育成と組織成長のパートナー 株式会社トゥルーチームコンサルティング 代表取締役 吉野 創 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-13 5F 【HP】http://true-team.com 【Email】info@true-team.com 【TEL】03-6869-9870【FAX】03-6869-9745

当社では、中小企業の経営改善を目的とした部下育成に役立つ指導・育成合宿研修、アドバイス、専門講座など様々な依頼を承っております。セミナー会場にお越しいただいた際は、その前後にお時間の許す限り、個別相談にも応じていきたいと考えておりますので、部下育成に関することでお悩みの経営者様はぜひご参加ください。