◆ 社長の指示がなくてもビジョンに向かう「自走式組織®」にする「5つの成長法則」を公開!

時代の変化に合わせて「人材が育ち、成長し続ける組織にしたい」と考える、経営者・経営幹部、コンサルタント、中小企業診断士、士業、FP、コーチ、講師業の方へ

社員が自発的にイキイキと働き『環境変化に合わせて自ら考え、問題解決する』『自発的に、目標達成へ向かう』そんな職場に変える方法を公開

社長が指示を出さなくてもビジョンに向かう「自走式組織®」にする「5つの成長法則」に体系化して公開
2020年 【10/10・11/7・11/14】
オンラインセミナー
◆会場: Zoomにて開催
◆時間:講演 10:00~12:00 終了後、個別相談可能(事前予約ください)
◆参加料:1名様 3,000円(税込み)
限定5名様
2020年【10/20・11/5・11/17】
オンラインセミナー
◆会場:Zoomにて開催
◆時間:講演 18:30~20:30 終了後、個別相談可能(事前予約ください)
◆参加料:1名様 3,000円(税込)
限定5名様
◆ 社長の指示がなくてもビジョンに向かう「自走式組織®5つの成長法則」セミナー 001

「自走式組織®」が求められる時代

今、環境が大きく変化していく中で、DXなど企業経営に変化の波が押し寄せています。
人の働き方、企業への関わり方は大きく変化し、労働市場はさらに流動化していくでしょう。
しかし、だからこそ、今まで以上に「本物の組織作り」が求められています。

人はどういう組織に集まるかが今まで以上に明確になり、これからは、「社員と経営者の一体感、連帯感、将来性、共感のある組織」が選ばれ、そこにだけ人が集まる時代になるのです。
これからの企業経営を成功させる、本物の組織作りに取り組むチャンスです!
本物の組織とは、
1・良好な職場環境
関係の質、心理的安全性、相互支援、充実感を感じられる

2・企業理念とビジョンに共感
「企業理念と、ビジョン」と「自分理念と、ビジョン」が重なる

本物の組織の条件であるこの2つの要素がある企業に人が集まり、自発的にビジョンに向かう組織へ変化していきます。
セミナーを受講することで、この2つの要素を抑えて、「自走式組織®」にする方法が分かります!


■人と組織は管理できなくなる時代
自走式組織®が求められている

今、世の中が大きく変化していく中で、
経営における組織のあり方も変化し、社長も経営の舵取りに必死な状況で本当に悩んでいます。

しかし、法人組織において、ただ一つ言えることは、
オンラインやリモートワークで、組織と働き方が変化する中で、さらに「自走式組織®」が求められていくということです。
なぜなら、リモートワーク等の働き方がますます進み、もはや「社員の管理」などできない世の中になっていくからです。
それはつまり、これからは「社員と経営者の一体感、連帯感、将来性、共感のある組織」に人が集まり、定着していく一方で、旧態然として変化していけない組織に良い人材は集まらないと言うことを示しています。
オンラインが全盛の時代に、この【自走式組織®】は、まさに経営者が求めている「本物の組織」をつくる方法です。
・・・とは言え、組織の悩みはつきません。

【人と組織の、こんな悩みはありませんか?】
下記の8個の質問に当てはまる項目がありませんか? ・・・チェックしてみてください。
マネジメントを部下に任せられず、自分の仕事が増える一方で、毎日時間に追われている。
部下やメンバーが言われた仕事しかやらない。
次世代の幹部候補が思うように育っていない。
新しく会議で決めた改善案が定着しない。
何度注意しても、部下やメンバーが同じミスを繰り返してしまう。
部下やメンバーの能力の差が広がってしまった。
部署間及び社員同士の意思疎通が悪い。
新人が3年以内に辞めてしまう

いかがでしょうか・・・? これらの項目に3つ以上当てはまる会社組織である場合、 人と組織が成長する「仕組み」が機能していません。

今のままでは、いつまでも個人の意識や能力に依存せざるを得ず、不安定な状態が続く可能性があります。 例えば、今の業績を支えている優秀な人材が退職してしまうと、組織としてたちまち機能しなくなり、経営が立ち行かなくなるリスクを払拭できません。
当セミナーでは、この状態を解決するための方法をお伝えし、実際にどのように進めるか、その手順も体系的に説明します。

人と組織の問題を「根本的に解決する方法」を体系的に手にしたい方へ

◇人と組織の成長について、講義している吉野代表◇
上記のチェック項目は、経営コンサルタントの私自身が、経営者にヒアリングした「経営者のお悩みベスト8」 です。 今、世の中には、多くの「企業経営の成功事例」「経営理論」と言われる「方法論」・「やり方」は溢れています。 しかし、どんなに「方法論」・「やり方」を参考にしても、期待した効果は継続せず、一過性で終わるケースがほとんどです。 それでは、うまくいかない理由とは何でしょうか? まず一つ目の理由は、
人と組織が成長する「仕組み」を構築していない
経営トップやリーダーが「いつまでも社員に注意したり教えたりしなければならない状態」「人が育たず、定着しない」「採用した人が、定着しない」と いう場合は、「仕組み」が構築されていない可能性が高いのです。 しかしながら・・・幹部の改善意識が高い場合は、「仕組み」を正しく構築すると改善に向かいます。 2つ目の理由は、
「仕組み」を構築してみたが、機能していない
実は、このことに多くの企業が悩んでいます。 実際に機能しない理由は・・・「会社の社風や文化がそれぞれの企業ごとに違う」からなのです。他の会社や、大企業での成功事例の流用は、 理論理屈は良さそうに見えますが、表面的となりやすく、なかなか効果が上がりません。 仕組みは、必ず自社の社風にあわせた、独自の「組織成長の仕組み」を構築し、幹部が主体的に運営しなければ機能するものにはなりません。しかし、それが実現できれば必ず自走式組織®になります。

このセミナーの独自性

15年間にわたって、企業の経営改善の現場で「組織成長の仕組み」の構築をサポートし、実践してきた経営コンサルタントが、 企業ごとの社風に合わせて仕組みを設計してきた独自の視点、様々なケースの試行錯誤から構築プロセスを体系化。 この独自のノウハウを、「自走式組織®5つの成長法則」にまとめてお伝えします。
◆セミナープログラム(5つの成長法則+構築ステップの2部構成)
●前半:「5つの成長法則」 = 基本的な考え方
【成長法則1】:顧客から選ばれる会社へ、社員の視点を高める
・自社視点と顧客視点
・社長と社員の意識のギャップの本質とは
【成長法則2】:社員にとっての数字の「意味」を変える
・必ず、理解浸透させるべき「3つの要点」とは
・社員の数字に対する考え方を変える方法
【成長法則3】:会社と社員の価値観を合わせる
・自走式組織®になっていく理念教育戦略とは
・成長するきっかけ作りと仕組み化の方法
【成長法則4】:人が育つ環境を作る為の習慣化
・自走式組織®に繋げる習慣化の視点とは
・日々の活動に「仕組み」として埋め込む方法
【成長法則5】:仕組みを動かし、継続させる
・自主運営に少しづつ変化する「年中行事」化
・育成者が「本物のチーム」をつくる方法
●後半:自走式組織®の構築ステップ = 手順・進め方
1 方針・軸:経営者の決意・覚悟:強い軸を作る
2 理念:企業理念とビジョンを策定し、目指す理想像を定める
3 浸透・体現:仕事観の共有、方向を揃える
4 習慣:良い行動・思考の習慣化へ、マネジメントシステムの改良
5 育成:組織戦略・人事戦略を運営をする、「育成者」の育成
6 運営・自走:組織成長の仕組み運営・自走計画の作成
図1

セミナー受講者の声

【サクセスポイント(株)人材開発・組織開発業 代表:渡辺誠 様 】

『自走式組織の作り方』組織の成長法則を教えてもらいました。

1, 顧客視点
2, 収益構造の理解
3, 価値観
4, 人材育成の習慣化
5, 人を育てる仕組み

あえて、言葉を変えてますが、これが原則。
勉強になりました。

社員が財務諸表(特に損益計算書)を理解し、経営を考えることができるようになるのは、メンバーにとっても意味のあることだと思った。
体系化して、わかりやすく説明してくれたので、同行した社員もよく理解できた。

興味を持ってくれた人がいるので、紹介してみたい。
体系化がよくできているため、今後協業することもできると思う。
【情報通信業・中小企業診断士・事業部代表・I様】

「どうやったら、メンバーが『自分で』考えてビジネスを進める組織が作れるか」その答えが!

「自走式組織」という考えに魅かれセミナーに参加しました。 事業部のメンバーが、所属している組織のことを考えない、仕事への考え方、方向性に差がありすぎる。「どうやったら、メンバーが『自分で』考えてビジネスを進める組織が作れるか」、・・・日頃、悩んでいることだけに、回答のヒントがあちこちにありました。
自分で考え、互いに教えあい、人を育てるような組織にするには、組織文化のレベルから変えていかないといけないということを、改めて認識しました。
自分の組織を「自走式」にするための仕組みを、これから一つ一つ作っていきたいと思いました。
【中小企業診断士・社会保険労務士 K様】

組織に悩みのある経営者に対して、こういう方法があるよ、と教えられる

これから独立し、企業に対してどんな価値をどれだけ提供できるかということに不安を持っていましたが、自分がこれから行う企業のコンサルティングに役立つと直感して参加。
セミナーで最も学びとなったのは、 「社員の仕事観や生きる目的を研修などで深掘りすることで、会社のビジョンに共感してベクトルを揃える下地となる」のだということ。
しかも、その導入プロセスに至るまで、わかりやすく体系化されている点。
これから、組織に悩みのある経営者に対して、こういう方法があるよ、と教えられると思いました。
この「自走式組織®」を誰かに紹介したいと思いましたし、考え方にも非常に共感しました。
学ぶことで、今後のコンサルタントとしての提供サービスの幅を広げ、事業化できると確信しました。 今後ともよろしくお願い致します。
【製造業・100名組織・製造部長 K様】

「これをやれば絶対にうちの社員は幸せになれる!」と確信!

社長が「社員が自分で考え、自分で行動する」自走式経営を模索していた折、 吉野先生の「自走式組織の作り方」のセミナー案内があり、受講を指示され参加しました。
 セミナーが始まり、「今まで自分が思い描いていた姿の答えがこれだ!」と感じ、 セミナーに引き込まれていきました。
 今まで人材育成に関するセミナーは何度か受講しましたが、これほど自分の考えに ピッタリきたセミナーは初めてでした。

・社員の幸せを一番に考える
・育成者である幹部が「育成できる人財」になる
・助け合いの心でチーム(組織)力を最大に活かす、etc

今後の人財育成に悩んでいた私は「目から鱗」の心境でした。そして、 「これをやれば絶対にうちの社員は幸せになれる!」と確信しました。
 先日の経営計画発表会では、アンケート結果の報告と自走式経営の進め方、自走式組織の説明も含め発表しました。
社員の中には「今まであまり前向きな話を聞いた事がなかったので気持ちが明るくなりました」と言ってくれた者もいて、私自身大きな励みになると同時に、必ず自走式組織を作っていく覚悟を決めました。
【経営コンサルタント:株式会社寿コンサルティング 代表取締役 奥井 浩 様】

「人的問題」を抱える企業への提案スキル不足を解決できる!

独立後、様々な形での企業支援をしてきましたが、 その中で、自社の得意分野以外の企業の問題である「人的問題」を抱える企業への提案スキル不足に悩んでいました。

参加した3時間のセミナーでは自走式組織®に変化させる方法を学ぶことができました。
・・・個人の仕事観と会社の理念のベクトルを合致させるために行う様々な取り組み、
その中でも最も気づき、学びがあったのは、「労使関係」→「同志関係」に移行させる視点。

そのための具体的手法も体系化されており、今後の業務に活かし、
人事系のコンサルを積極的に取りに行けるようになると直感する内容でした。

この「自走式組織®」メソッドを身につけることで、自社の既存クライアントにも、人的問題の悩みにアプローチしていけそうです。
「この金額では得られる価値に対して安すぎる!と率直に感じました。
このチャンスに、早速次回のコンサルタント養成コースから受講したいと思います。今後ともよろしくお願いします。
【中小企業診断士:メガバンク:K様】

独立を決意した時のミッションに立ち返り、人と組織の分野にチャレンジする!

診断士として独立する前、企業勤務時は、責任や役割を互いに擦り付け合うような風土、担当者相互間で助け合う余裕のもてない環境など、生産性に反することが多いように感じていました。
それが、セミナーを受講して、企業の理念、ビジョンと従業員の仕事観を重ね合わせていく、という考え方は確かに理想的な姿だと。

そして、改めて・・・独立を決心する前に書いたミッションには、「生き生きと働ける職場を増やして、幸せを感じる経営者と従業員を増やしたい」といったことがあったことを思い出しました。

勤務時代も、人事の職務経験はなかったので、このような領域での活動は半ば諦めていたのですが、この「自走式組織®」メソッドを理解し、広めていきたいと思いました。

【えんまん株式会社:介護福祉サービス業:代表取締役 吉岡由紀子様】

自走式組織®は、「社員の本当の幸せ」を応援する会社を創造する

以前より、この「自走式組織®」は弊社にも必要だと強く感じていましたので、セミナーを受講しようと決めました。

経営上の課題としては、
・社員の定着の悪さ
・世間の常識が通じない業種
・ベクトルを合わせるのが難しい

といったことで悩んでいたのですが、セミナーを受講して、それらが解決するヒントが得られたと感じます。

社員の本当の幸せを応援する会社を創造できそうな内容で、仕事観と人生観の考え方にもアプローチし、習慣化するまでに定期的にアプローチする仕組みが必要!ということも納得しました。

どれも、頷けるものばかりでした。
また、自分自身についても、社長がやるべきこととそうでないことを再確認出来ました。

今後は、幸せな社員を増やしていくことで、仕事の質をレベルアップできそうだと感じていますので、この「自走式組織®コンサルタント養成講座」にも参加し、理解を深めて社内実践していこうと思います。
【銀行系シンクタンク:上席経営コンサルタント:Y様】

自走式組織®のコンセプトが世の中に求められているのだと実感

顧問先に対するコンサルティングの実効性を高めたいと考え、セミナーに参加。
日々のコンサルティングの中で、顧問先の組織化や計画遂行に対する「社員の意識を高める具体的且つ効果的な方法」を知りたいと考えていたからです。

このセミナーを受講して、社長自身と社員の心に的確にアプローチするための様々なヒントがありました。これから、もっと自信を持って施策の提案ができるようになると思いました。

この、「自走式組織®コンサルタント養成講座」を同じ悩みを持つ方にも紹介したいと思いましたし、一緒にセミナーを受けた方々の意識と熱が高いので刺激にもなりました。やはり、自走式組織®のコンセプトが世の中に求められているのだと実感しました。
これから、活力のある企業をつくるために、 弊社のコンサルタント育成にも「自走式組織®」メソッドを活用していきます。どうぞ宜しくお願い致します。
【経営コンサルティング:有限会社ネイチャーワークス :代表取締役:高取剛充 様】

自走式組織®の改善プランに経営者の納得しやすさがあり、導入可能性の高さを感じる!

あるコンサルタント勉強会で、吉野さんの話を聞き、私と同じ志の方で、しかもわかりやすく体系化されていることに感銘を受けセミナーに参加。

組織開発は範囲が広く、ケースバイケースで行うと、あれもできる、これもしてあげたいと発想が広がり、迷いが出てしまうことが悩みでしたが・・・

このメソッドならば、どうすれば、「自走式組織®」になるか、何をどのタイミングで行うのか型ができており、自走式のやり方に沿っていけば、経営者様が受け取りやすい形に直すことができると思いました。

そして、人材系のコンサルタントによくある精神論の話だけに終わることはなく、経営戦略の視点(独自性や収益構造)も組み込まれた経営者様も納得の内容でした。
自走式組織の改善プランに納得しやすさがあり、導入可能性の高さを感じました。

15年間の経営コンサルティング経験からくる事例も豊富で、そのシーンの会話で場面を描くことで理解度や共感がとても高まるセミナーでした。
今後の 「自走式組織®コンサルタント養成講座」に参加して、活用場面を作れるよう、頑張ります。
【講 師】株式会社 トゥルーチームコンサルティング
代表取締役 吉野 創(よしの はじめ)
自走式組織®プロデューサー・メソッド開発者

社長からの指示がなくてもビジョンに向かう「自走式組織®」を作る専門家。
最短90日で幹部が主体的に動き出し、「自走式組織®」に変わる5つの成長法則をベースに、世の中に多くの「自走式組織®」を生み出している。

【主な実績】
▶赤字だった企業が、4年連続で増収増益、営業利益は10倍にアップ
▶3年で、営業損益1億円の赤字から3億円の黒字に回復
▶利益感覚の高い、考えて動く人材が育ち、粗利益率3ポイント改善
▶製造工場の生産性が導入後、120%に増加
▶営業マンが各自バラバラに動き、能力に格差があったが、チームがまとまり、一人当たりの売上高が約600万円アップ
など、多くの成功事例を持つ。

「自走式組織®」を学んだ経営者の方々は、業績アップとともに人と組織の悩みからも解放されていきます。
そして、その時間と得られた 利益で新しいことにチャレンジすることが出来、将来のこと、次世代のビジョンを明るく描けるようになりました。

この独自の組織成長の仕組み「自走式組織®」が今後、多くの企業で実現すると、働く皆さんが自己成長を実感し、やりがいと充実感を持っ て働けるようになり・・・それが、本当の「社員の幸せ」につながっていきます。そのような笑顔のあふれる職場を日本中に増やし、よりよい社会にすることを志し、 私は、株式会社トゥルーチームコンサルティングを設立しました。


●プロフィール●

19歳の頃から独立志向があり、大手ジーンズメーカーで営業職を経験後、独立開業の道を模索する。
飲食店での修行中に、集客不振で資金繰に窮す厳しい経営の現実を知る。独立を前に経営理論を学ぶため、経営コンサルファームに入社し、営業実績ナンバーワン、支社マネジメント責任者などを歴任する。
しかし、コンサルティングの現場では、経営理論を伝えても、主体的に動かない幹部の存在により組織が変わらない壁に直面。クライアントの業績が改善できず苦しむことに。

この経験から、経営理論では動かない「人と組織」を研究した結果、「社員が自ら動く組織にならなければ改善は一過性となり、経営改善したことにならない」と気づく。
また、企業が変わるためには、幹部の仕事に対する姿勢である「仕事観」が影響していることを発見。「どうすれば、仕事観を考えてもらうことができるのか」について試行錯誤を繰り返し、幹部力をアップし自走式組織®にする「5つの成長法則」を体系化することに成功。
世の中により多くの自走式組織®を作り「仕事や職場を、充実感のある楽しいものにしたい!」という思いから、2014年に『株式会社トゥルーチームコンサルティング』を設立。

支援したクライアント企業からは、
「わが社の未来を、社長と社員を巻き込んで一緒に考えてくれるパートナー」
「社員一人一人が目的をもって仕事をし、会社に来ることが苦痛では無く楽しいと思えるような組織にして行く上で重要なパートナー」
など支持を集めるだけでなく、幹部の姿勢が変化し、経営目標3カ年計画の達成、昨年対比で売上高1.6倍、営業損益は3.7倍になった企業など圧倒的な成果を残している。
現在は、「世の中に、1つでも多くの笑顔の溢れる職場をつくる」という企業理念で日々活動中。

セミナー開催概要

 
 
オンラインセミナー:2020年【10/10・11/7・11/14】
Googleカレンダーに登録
◆会場:Zoom開催
◆時間:講演10:00〜12:00
終了後、個別相談可能(事前予約ください)
◆参加料:1名様 3,000円(税込)
◆定員:先着5名様限定 ※満席になり次第受付を終了いたします。
◆主催:株式会社トゥルーチームコンサルティング
〒160-0023  東京都新宿区西新宿7-2-5 TH西新宿ビル6階
info@true-team.com
TEL:03-6869-4522
◆ホームページ:http://true-team.com
オンラインセミナー:2020年【10/20・11/5・11/17】
Googleカレンダーに登録
◆会場:Zoom開催
◆時間:講演18:30〜20:30
終了後、個別相談可能(事前予約ください)
◆参加料:1名様 3,000円(税込)
◆定員:各会場とも、先着5名様限定 ※満席になり次第受付を終了いたします。
◆主催:株式会社トゥルーチームコンサルティング
〒160-0023  東京都新宿区西新宿7-2-5 TH西新宿ビル6階
info@true-team.com
TEL:03-6869-4522
◆ホームページ:http://true-team.com

お申し込みフォーム

下記申し込み欄に、必要事項を記入し送信してください。 お申し込みいただくと、ご記入いただきましたEメールアドレス宛にご請求書・お支払方法を送付させていただきます。「必須」のついている項目は、必ずご記入をお願いいたします。
<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。
<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。
<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。
セミナー開催日

お申し込み人数 必須

会社名(屋号)※ない場合は「なし」と記入 必須

ご住所 必須
〒  -

ご氏名 必須

複数名でお申し込みの際は、備考欄に追記下さい。

ふりがな

お役職(ない場合は「なし」と記入) 必須

お電話番号 必須
- -

メールアドレス 必須

折り返しEメールにてお申し込み確認をお送りしております。 半角英数文字にて正確なご記入をお願いいたします。

備考欄

※紹介や、メルマガやFBで案内があった方は「無料特典」とご記載ください。

<個人情報の取扱いについて> お申込みいただいた個人情報は、厳重に管理し、当会が定めるご案 内目的以外、法令に定める場合を除き、個人データを事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。