【第44話】経営者と現場の視点の違い

044_df15sss

 

  • 視点の違いが経営に与える影響とは

 

先日、ある飲食店経営をしている会社の役員の方が相談に見えられた。

 

「吉野さん、経営者と、現場リーダー(厨房の責任者)の意見のズレがあり、問題になっている」という。

「現場リーダーの教育をどうすればいいか?」というご相談でした。

 

 

経営者の意見、現場リーダーの意見と、それぞれの意見があるが、この場合の問題は、「それぞれが自分の立ち位置での視点」だけで見ていると、歩み寄ることができない、ということだと思います。

 

 

話を聞くと、現場リーダーはとても優秀な人なのだが、

どうやら、料理のプロの視点で物事を判断し、スピードを重視して仕事を進めたいようだ。

 

しかし、経営者報連相しても「現場、特に料理のことがわからないくせにあれこれ聞かれて面倒だ」「思うように仕事ができないのはストレスだ」と思っているとのこと。

 

だから、求められている報連相ルールを省略して仕事をしている。

それが、経営側との不協和音を生み、自分のやり方に変えて経営計画との乖離が生じている、ということが問題になっているそうだ。

 

 

現場リーダーには、悪気がないのだとは思う。おそらく、その飲食店を良いお店にしたいという思いは一緒であろう。ただし、「自分のやり方で」。

 

経営側との認識のズレは、「経営者に、現場のことはわからない」という固定概念から、本人は重要視していないと考えられる。

 

経営のルールを勝手に解釈している状態では「経営者の視点」には立っていない。

 

「経営者の視点」は、管理者であれば認識が必要になるのだが、そのことは全く理解できていないし、社内でもそのような認識を醸成する取り組みをしていないのだなと、明確にわかる。

 

 

 

  • 現場最適視点

 

現場で働く管理者は、自分の責任範疇である、「現場(このケースでは、厨房)の視点」で判断しがちになる。

過去の経験と現在どうなのか、という視点だけで現場を見てしまいがち。

 

例えば、経営者が「こんなことができないか」と新しい提案をしても、「そんなことは今までやったことがない、無理だ」と固定概念から思い込んでしまう。

 

その状態を放置しておくと、視点も変わらず、考えようとしない姿勢に現れるようになる。

 

 

一方で、経営者は

経営理念の実現から発想したビジョンを実現する経営方針を、現場だけではなく、全社的な視点で実行させようとする。

 

いつも、この経営者の「全社経営視点」と、現場の「部署・現場最適視点」は水面下で対立するのである。

 

 

部署・現場最適視点が強くなりすぎると、固定概念を生んでしまう。

その結果、違う視点を持たなくなると、部署の壁を作ってしまうし、今回の例のように、手を打たないでいると経営との壁にもなってしまうのである。

 

 

 

 

  • 視点を変える3つの方法

 

この壁を取り除き、社員の視点を変えるには、3つの方法がある。

 

 

1・「自社客観視からの現状把握」

外部環境、内部環境を、計数情報やアンケートを取るなどの方法を活用し、客観的に実態を表現し、部署を超えて共有する。そこからお互いの理解を深め、学び合う機会や場所を作ること。

 

 

2・「経営理念・経営目的・将来のビジョンの理解・浸透」

経営者自身が、自ら直接伝えることから始まる。部署を超えて伝えて行く。一回で全員に正確に伝わることはないので、反復して、様々なシーンで伝えて行く工夫が重要になる。

 

 

3・「対話・ミーティングの場づくり」

例えば、「今の延長戦で行くと、どんな会社になるのか・・・」そう言ったテーマから、お互いの感じていること、不安も含めて抱いている思い、改善提案など、意見交換する機会や場を作る。

特に、単なる懇親会になりやすいので、この場を活用して、会社が大切にしている価値観、仕事観を浸透させて行くことを重視する運営がポイントとなる。

 

 

 

 

これらのことが、

まず、現状では社内でどのくらい実施できているかを客観的に評価してみてください。

 

中小企業の場合、多くが業務優先で、このような機会も、時間もほとんど取れていないのが現状ではないでしょうか?

 

 

その、状態を客観的に自己診断することから始めると、

未来に繋がる発見があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

*最強の組織「自走式組織」から自社の状態を「自己診断」できるセミナー。

 

「自走式組織 5つの成長法則」公開セミナーを開催しています。

6/12 福岡 7/24 渋谷 詳細はこちら↓

http://true-team.com/page-lp-5growthlaw

 

 

次回からコラムの更新情報を受け取る(不定期です)
最新のセミナー情報はこちら
「自走式で成長する組織」にする“ある方法”全9回のテキストを無料プレゼント!!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社トゥルーチームコンサルティング
代表取締役 吉野 創(よしの はじめ)
http://true-team.com/
Eメール:info@true-team.com
住所:東京都中央区銀座3-14-13 5F
TEL:03-6869-9870
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018年05月28日
trueteam