【第26話】日報を社員の成長に活用する一工夫(2)

%e5%96%b6%e6%a5%ad%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

 

 前回からの続きです。

 

 

社員は、毎日、

 

「日報を書いている」か、それとも「日報を書かされている」か。

本音ではどう思っているか、という違いをよ〜く見てみてください。

 

あなたの会社では、どちらのタイプが多いでしょうか?

 

 

「日報を書かされている」、というタイプの社員が多い場合には、

 

その上司は、

毎日、「日報を書かせている」という認識でいる場合が多いのです。

 

 

上司が「管理するために書かせている」という視点でしか、

日報を認識していない場合、

 

社員は「書かされている」と感じるものです。

 

 

書かされている、と感じるのは、

そこに「自分のために」の視点がないから。

 

 

それは、自己成長の視点です。

「個人成長」であり、「個の質」の向上の視点です。

 

上司の報告のために、日報を書くことにプラスして、

自分の成長ができる振り返りの視点を加えることがポイントです。

 

 

振り返りのポイントは、

上司ほか、他人に向けて書く日報か?自分に向けて書く日報か?という視点。

 

 

そもそも「日報」は、

自分に向けて書くものではないケースが多いものです。

 

当たり前ですよね。

 

 

でも、それだけでは、勿体無い。

 

 

大切な一工夫とは、

日報を「自分に向けて書く」こと。

 

1行でもいいのです。

自分が今日、よくできたと思うことや、

自分が成長するために「次はこうしよう」という気づき。

 

 

ただし、これを「本音」で書かなければ意味はないです。

上司に「いいかっこ」を見せようとして、

人の目を意識して、

 

本音を書かなければ、成長にはつながりません。

 

自分に向けて書くのであれば、

 

日報の中に、「振り返り」の要素を盛り込むことが有効で、

 

自分自身が本日の出来事に本音で向き合うことで、

出来事を客観冷静に評価し、次回に向けての改善点、

 

「一工夫すること」を見いだすことができれば、

成長できる可能性が広がります。

 

 

 

あなたの会社の日報は

 

ただの報告業務か?

 

それとも社員の成長のためのものか?

 

 

この目的によって内容を変化させていくことが大切です。

 

最新のセミナー情報はこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社トゥルーチームコンサルティング
http://true-team.com/
住所:東京都中央区銀座3-14-13
第一厚生館ビル5F
TEL:03-6869-9870
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★次回からこのコラムを受け取る(不定期です)

このコラムの更新情報を受け取る

 

★人材育成と組織成長の仕組みを構築して、「自走式」の組織にする方法!

最新のセミナー情報はこちら

 

★コラム読者へ期間限定【無料プレゼント】
10年間、100社の事例から体系化した独自ノウハウ
「社内で人が育つ仕組みを作り、組織全体で成長する環境へ変える9ステップ」

→全9回のセミナーテキストを無料でお届けします。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=554&s=1&f=19

2016年09月29日
trueteam