【第42話】人を育てる立場の人が、必ずやるべきこと

conference room

 

短期間で業績回復ができた企業がある。

その企業では、経営トップと経営幹部が、社員全員との面談を大切にしたそうだ。

 

どんなことを面談でしていたのだろうか?

その話を聞くことができた。

 

 

業績が落ち込む前にも、

面談を年数回、実際にやっていたそうである。

 

 

しかし、当時の面談では、「押しつける」内容が多かった。

 

「こういうことあったけど、ここは反省しなさい」とか

「これからはこう変えなさい」とか・・・。

 

 

経営陣主導で、

一方的に面談を進めていた。

 

 

すると、社員は経営陣に依存するようになる。

 

「言われたことを、やらないと評価されない・・・。」

 

「言われたことをやれば、怒られない・・・。」

 

「言われたことをやりさえすれば、評価される・・・。」

 

・・・と変化していき、

 

 

その状態が続くと、

 

「面談で言われたことを、やりさえすればいい。」

 

といった「依存型体質」になってしまう。

 

 

 

 

このような状態は、

社員からすれば、実は「楽」でもある。

 

 

自分であれこれ、知恵を絞って、

「考える」必要がないわけですから・・・。

 

 

 

そして、「楽」は伝播しやすい。

社員にこのような姿勢が伝播し、

 

 

この会社は、「依存型」の社風になった結果、

 

 

社員が何も考えなくなって、皆の生産性が落ちていく。

 

社内でミスやトラブル、問題が起きても、

そこに対して、責任は皆経営陣。

 

 

社員は、評価されればいいから

皆自己保身に走って、他責にする風土が伝播する。

 

 

当然、このような他責の姿勢の中で、

部署を超えたチームワークなど、期待できない。

 

 

ミスロスや、クレームが増え、

その対処に時間を取られ、長時間労働の傾向に。

 

 

やがて・・・、社員の心が病んだり、

退職者が多くなる。

 

 

結果的に、会社の業績が悪化し、

赤字が慢性化すると、倒産する。

 

 

会社の倒産。

それは・・・何を示しているかと言うと、

 

 

結局は「自分の身が守れなくなる」、

と言うこと。

 

 

 

・・・倒産は、究極かもしれないが、

 

このような、各自が仕事に向かう「姿勢」の差で、

 

結果として会社の業績が変化して、

その結果として、自分の生活や人生にどんな影響が出るのかと言うことを、

 

 

人間の欲求から紐解いて

体系立てて整理している人は少ない。

 

 

しかし、このようなことこそ、

人を育てる立場の人が、理解し、

 

 

自分の経験を踏まえて、

体系立てて部下に伝えることが大切なのだと思う。

 

 

 

 

それでは、改善後。

どのように変えていったかというと、

 

 

社員の意見を「聴くこと」の方を

多くしたのだそうです。

 

 

「こうしろ、ああしろ」、

といったことは意識的にやめて、

 

 

代わりに、社員の「こうしたい、ああしたい」を

引き出し、承認していった。

 

 

もちろん、今までの、依存型体質が根強く、

なかなかすぐに意見は出なかったのだが、

 

 

経営幹部がまず社員を信頼し、

根気強く、社員が自ら考えるように促していった。

 

 

「依存型体質」でいると、

どんな影響が自分の仕事に出るか。

 

 

チームワークや組織にどんな影響が出るか。

 

 

結果、業績にどんな影響が出るかを、

面談の中で意識的に話していった。

 

 

 

加えて、

 

*問題をプラスに受け止めて、解決策を考える。

 

*自分自身に原因があると考えてみる。

 

*周囲に期待するより、自分ができることから全力で取り組む

 

*やり方にこだわらず、どうすれば目的を果たせるか。

様々な手法を試していく発想力・・・

 

*まず自分から相手を認め、信頼し支援する・・・

 

 

 

このような、

「自立型体質」に変える取り組みを

面談で後押ししていった。

 

 

 

「それは、いいと思う。すぐやってみなさい」と承認したり、

「私からも全面的に応援するから」といって勇気を与えたり、

 

 

・・・社員の意思を引き出し、

その意見を後押しし、面談で勇気を与えていたのである。

 

 

 

今まで信頼していなかった社員、

管理していた社員を信頼するようにし、

 

その上で、「こうしろ・ああしろ」と

半ば強制していた改善策を押しつけることをやめ、

 

「自分たちの頭で、考える」ことを大切にした。

 

 

・・・すると、時間はかかっても、

社員は「自立型姿勢」へと変わっていくのである。

 

  

 

 

 

まずは、「自立型姿勢」の社風にする

「自走式組織」の考え方に触れてみてはいかがでしょうか?

 

この事例のような、実践例をわかりやすく解説。

2時間の「自走式組織」公開セミナーを 福岡会場4/24 渋谷会場5/9 で開催します。

 ★申込受付中★

http://true-team.com/page-lp-5growthlaw

 

 

 

 

 

★メルマガ登録・無料テキストはこちらから★


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社トゥルーチームコンサルティング
代表取締役 吉野 創(よしの はじめ)
http://true-team.com/
Eメール:info@true-team.com
住所:東京都中央区銀座3-14-13 5F
TEL:03-6869-9870
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018年04月17日
trueteam